腰痛の原因になる椎間板ヘルニア。

腰痛の原因になる椎間板ヘルニア。

椎間板ヘルニアは、椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板が膨れて、突出している状態なので、神経を圧迫してしまい、腰痛の原因になります。

症状が悪化すると、下半身に痺れを感じるようになったり、歩行をするのが困難になる場合があります。

椎間板ヘルニアは初期段階の場合は、内服薬や理学療法、温熱療法による治療が中心になりますが、悪化すると、生活に支障が出るため、外科的な手術を行うことがほとんどです。

関連記事

  1. 整体に定期的に行くメリットはありますか?

  2. 慢性肩こりの原因について

  3. 眼精疲労に悩んでいます

  4. 太ももダイエットには適度な運動

  5. 現状の腰痛の原因

  6. 成長痛ってどんなもの?