パニック障害とはどのような病気なのか

パニック障害とはどのような病気なのか

パニック障害とは、動悸、息切れ、極端に不安になる状態などが伴って発作を起こします。

これは突然、症状がでるため、パニック障害になってしまうと、また、いつ発作が起きるのか不安になってしまい、その状態が続いてしまうと、生活に支障がでることがあります。

悪化してしまうとうつ病などの精神的な病になったり、精神状態も不安定になることもあるため、症状が悪化してしまう前に、医療機関で医師に相談、診察をしてもらうといいでしょう。

関連記事

  1. 肩こりがひどかったので整体に

  2. 更年期で急に汗が出る

  3. 関節を強くして動ける体にする運動

  4. 腰痛の原因になる椎間板ヘルニア。

  5. 捻挫の症状は軽いほうが危険?

  6. パソコン作業は肩が凝ったり、腰が痛くなったり